Biography

立川吉笑

落語家。1984年生まれ。京都市出身。

立川談笑門下一番弟子。

 

2010年11月、立川談笑に入門。

わずか1年5ヵ月のスピードで二ツ目に昇進。

古典落語的世界観の中で、現代的なコントやギャグ漫画に近い笑いの感覚を表現する『擬古典<ギコテン>』という手法を得意とする。

気鋭の若手学者他をゲストに迎えた『吉笑ゼミ。』の主宰や、50週間連続独演会の開催(2016年)、渋谷ユーロライブでの本公演など、勢力的に落語会を開催するだけでなく、

NHK Eテレ『デザインあ』、ネット配信『WOWOWぷらすと』など各種メディアへの出演。

『中央公論』での「炎上するまくら」、水道橋博士のメルマガ『メルマ旬報』での「立川吉笑の現在落語論」など、書く仕事も積極的に取り組んでいる。2015年には初めての単行本『現在落語論』(毎日新聞出版)を刊行。

 

などなど、「立川流は〈前代未聞メーカー〉であるべき」をモットーに、縦横無尽に活動中。

 

本名

人羅真樹(ひとら まさき)

1984年6月27日生まれ
京都市出身 180cm 76kg

京都教育大学 教育学部 数学科教育専攻 中退

2010年11月 立川談笑に入門
2012年04月 二ツ目に昇進
出囃子 東京節(パイのパイのパイ)
おもな活動
本公演
  • 立川吉笑 第1回公演『長屋の花見』2017年3月-4月(京都・東京)
定例独演会
  • 7年目の吉笑(三越前・お江戸日本橋亭)
  • 吉笑ゼミ。
  • 京都の吉笑(京都公演)
  • 吉笑知新(名古屋公演)
勉強会
  • 吉笑と時間 或いは空間も(淡路町・連雀亭)
落語会
  • 立川談笑一門会(吉祥寺・武蔵野公会堂)
  • 渋谷らくご(渋谷・ユーロライブ)
  • 立川流が好きっ!!
  • ソーゾーシー
TV
刊行物

<BOOK>

<CD>

連載
おもな活動歴
落語会
  • 二ツ目昇進記念 立川吉笑独演会in国立演芸場(国立演芸場)
  • 立川吉笑説明会(お江戸日本橋亭)
  • 立川吉笑落語会2013 3年目の吉笑(お江戸上野広小路亭)
  • 談笑の弟子!!スペシャル(座・高円寺)
  • 吉笑ラボ。(iki-ba)
  • 吉笑ゼミ。in 2.5D(2.5D)
  • 間、或いは行間 (SuperDeluxe)
  • トーキョー・ギター・ジャンボリー(両国国技館)
  • NEXT!!立川流~独演会見本市~(成城ホール・アミュゼ柏)
  • 末広亭深夜寄席 四派で深夜(新宿末廣亭)
テレビ
  • おかあさんね~、お!(NHK総合) 2012/8/28 出演
  • 噺家が闇夜にコソコソ(フジテレビ) 2014/4月~9月 レギュラー出演
  • 夢織人(BSジャパン・テレビ大阪) #19,#37 出演
  • MUSIC B.B.(全国30局ネット) 2016/10月~2017/4月 メインMC
ラジオ
  • 立川志ら乃のサブカル天国(ラジオ日本) 2012/10/23 出演
  • 有楽町情報ライブラリー(ニッポン放送) 2014/1/1 出演(レポーター)
  • 九龍ジョー ポップカルチャー新年会『2014クるのはこいつだ!』(ニッポン放送) 2014/1/12 出演
  • 荻上チキ Session-22(TBSラジオ) 2014/8/21,10/13 出演
  • 立川吉笑のラジオ・エピソード0(TBSラジオ) 2014/10/19 冠番組
  • HELLO WORLD(J-WAVE) 2015/3/5 出演
  • HANGOUT(J-WAVE) 2015/4/28 出演
  • FRUIT MARKET(J-WAVE) 2017/1/4 出演
  • 『中野アナへちょっと言わせて!』(ラジオNIKKEI第1) 2017/5/18 出演 
WEB
雑誌
  • Quick Japan vol.112 『九龍ジョー 三つ数えろ』 内で紹介して頂きました。
  • Quick Japan vol.119 『MUJINA』Comedy欄 峯大貴さんに紹介して頂きました。
  • Switch vol.32 『落語って面白いの?』内で坂口恭平さんに紹介して頂きました。
  • シアターガイド 2014年9月号にて『吉笑ゼミ。』を紹介して頂きました。
  • 夕刊フジ 2016年7月22日 今週のご推笑内で紹介して紹介して頂きました。
  • 朝日新聞 2016年8月10日 オピニオン&フォーラム内でインタビューを掲載して頂きました。
  • 菊池亜季子ムック『マッシュ』vol.9 紹介して頂きました。
  • 酒場人vol.3 インタビューを掲載して頂きました。
文筆
  • BRUTUS 2014年11月15日号 『男の定義』特集に寄稿しました。
  • 文學界2016年10月号 短編小説『一塁走者の孤独』寄稿しました。
  • 悲劇喜劇2017年1月号 エッセイ『僕が落語家になった理由』寄稿しました。
これまで

2014年

1月

昨年末にひょんな事から知り合った九龍ジョーさんにお声がけ頂き、ニッポン放送の「九龍ジョー ポップカルチャー新年会『2014クるのはこいつだ!』」に出演させて頂く。放送終了後、うしろシティの阿諏訪さんと初めてお会いし、一緒に飲ませて頂く。

 

2月

高円寺演芸まつり。普段からお世話になっているお店などでの会にも呼んで頂き、気がつけば今年の最多出演芸人に。4店舗で同一時間から会を始めて30分ずつ4人の落語家が順番に行ったり来たりを繰り返す『杉並四人男』という企画に出演させて頂く。ネタ時間はピッタリ30分に調整できたけど、誰一人として”移動時間”の事を考えていなかったため、結果、無人の会場に出囃子の音だけが響き続ける夢の様な時間も。

 

3月

DMでしか告知をしない古典のみの勉強会『のちのちのち#1』開催。終演後、次回の演目をお客様に決めて頂く趣向によって『弥次郎』と『船徳』が次回の演目候補に。船徳のハードルが高過ぎて、結果2014年内には#2を開催できなかった。

 

4月

フジテレビで初めてのレギュラー番組『噺家が闇夜にコソコソ』が始まる。以降半年間、とにかくストロングスタイルで大喜利と向き合うことに。埼玉での志らく師匠と談笑の会の開口一番で『道灌』を演る。気持ちよく笑いをとることができて、終演後、師匠から褒められてホクホク。

 

5月

落語家になる前からお世話になっているヨーロッパ企画さんのイベント『ハイタウン』に出演させて頂く。京都で落語を演ったのは初めて。31日はお世話になっている高円寺の写真bar白&黒さんで落語会。笑二の二ツ目昇進前日ということもあって、打ち上げで痛飲してしまう。
ある日、水道橋博士さんからDMがきて、『メルマ旬報』での連載『立川吉笑の現在落語論』スタート。

 

6月

今年のメイン企画『吉笑ゼミ。』の第1回目を原宿・ヒミツキチオブスクラップにて。これまでの定例会を遥かに凌ぐ100席近くが完売。ゲスト講師は倉本美津留さん。落語家になる前、そもそも自分が東京に出てくるきっかけを与えてくださったのが倉本さんだったので、仕事場での邂逅にグッときた。

 

7月

how to count one to tenの3rdEP『Method of slow motion』用にひたすら鮫講釈と向き合う一ヵ月。扇子で足を叩きすぎて太ももの色が常時赤紫になっていた。レコーディング終了後からは地獄のミックス作業が始まって、毎日毎日本当にしつこく細部を調整し続けた。

 

8月

お台場新大陸内のコソコソブースで連日落語会。心が荒んでいき、些細な出来事にイライラしてしまいスタッフさんと衝突してしまうことも。後になって、この時の経験でどうやら最大出力が増えたことが判明したけど、当時は本当にしんどい毎日だった。
春吾兄さんの本場所『みらくる☆春吾』にゲスト出演させて頂いた。躁状態の時期だったため持ち時間を大幅に超えて『ぞおん』を。まくらから既に風圧が自分でも制御できないくらいに。

 

9月

『うしろシティのライブ』に呼んで頂き新宿角座で『舌打たず』を演らせて頂いた。落語もさることながら、トークが楽し過ぎた。うしろシティさんの横で普通にエピソードトークをやらせて頂いている状況は夢のようだった。
去年から作業場を借りている渋谷ヒカリエでようやく落語会を演らせて頂いた。博士の息子さんの落語童貞を『舌打たず』で奪わせて頂いた。

 

10月

2回目の『吉笑ゼミ。』ゲスト講師は下西風澄さん。座席を追加して何とか確保した120席が予約で完売に。下西さんは1時間みっちり哲学の話で、ストイックなイベントに。このあたりもまだ風圧がとんでもない時期だったこともあり、アフタートークは結果的にこの回が一番跳ねた気がする。
TBSラジオ『荻上チキ Session-22』で「出張版・吉笑ゼミ。」を演らせて頂く。ガチンコでメインセッションの話をネタに落とし込む企画で、めちゃくちゃ緊張したけど結果的には何とか形にすることができた。
阪神がまさかの4連勝で、初めての冠ラジオ番組『立川吉笑のラジオ・エピソード0』がオンエアされる。残り10分くらいで完全にエネルギーが切れてしまい『とにかく、頑張りたいんですよ!』と内容ゼロの台詞を繰り返し続ける謎な状況に。
渋谷UPLINKでの『のんき夜行』。立川吉笑GROUP名義で初めてのライブ。来年以降の試金石として。
8日、Method of slow motionがリリースされる。タワレコなどで視聴機展開されている様を遠くで見守り続ける。

 

11月

8日。Method of slow motionのリリースツアーファイナルとして、六本木SuperDeluxeにて『間、或いは行間』。超満員。鮫講釈×ポストロックをライブの一番最後に実演。
ユーロライブで始まった渋谷落語に3ステも出演させて頂く。自分にとってはホームに近い客層だし、起用意図も明確だったのでフルスイングさせて頂く。
渋谷PARCOの方から依頼を受けて、2.5Dで『出張版吉笑ゼミ。』を。実質制作期間は10日ほどだったにも関わらず、その10日間は本当に全精力を注いだこともあり興幻◎しの本名竜也さんと『だくだく・改』を。自分たちなりの現実脱出論。

 

12月

年内最後の『吉笑ゼミ。』ゲスト講師はMOROHAさん。夏以降の風圧・熱量を正面からぶつけさせて頂こうと思ってのブッキング。リハーサルから既にMOROHAさんのパフォーマンスが凄過ぎて圧倒される。
原宿VACANTで『落語アンデパンダン』。カルチャー系の会場での落語会出演が重なる。
座・高円寺で志らく師匠をお招きしての『談笑の弟子!!スペシャル』チケットの販売から運営まで本当に自分達だけでやりきった手作りの落語会。何とか客席を埋めることもできて、開演してからは雰囲気が温かくひたすら楽しい時間を過ごさせて頂いた。トークコーナーで芸人として志らく師匠に話題を振ったり、志らく師匠の話にリアクションを取ったりできていることが本当に嬉しかった。